納豆が勃起不全に絶大な効果

健康食として有名な「納豆」は高血圧予防・コレステロール低下・便秘改善・脳の活性化などの効果があるほかに勃起不全にも効果があるって知っていましたか?その他にも勃起不全に効果のある食べ物が沢山存在します。

納豆が勃起不全に効果があるわけ

納豆が勃起不全に効果がある理由は、血液をサラサラにする作用があるからです。血液をサラサラにする食べ物として、「おさかなすきやね」という言葉があります。血液サラサラ作用のある飲食物の頭文字をとって、お茶、魚、海藻類、納豆、酢、キノコ類、野菜類、ネギ類、です。
この中に納豆が含まれています。
納豆には、納豆にしか含まれない酵素ナットウキナーゼが含まれています。これは血管の中にできる血栓(血の固まり)を溶かしてくれる作用があります。そのほか、エネルギー代謝、脂質代謝、細胞再生に関わるビタミンB2も含まれています。通常の大豆にもビタミンB2は含まれていますが、それを発酵させて作った納豆は大豆の6倍ものビタミンB2が含まれています。
ただし、市販の納豆には血液サラサラ作用にはバラツキがあります。ナットウキナーゼの活性の平均値は40FU/gと考えられていますが、活性の高さは発酵条件と菌種によって変わります。発酵条件と菌種はメーカーの秘密なので、詳しいことはわかりません。
効果が高まるのは、抽出乾燥粉末です。納豆はあのネバネバがないと血液溶解しないように思われていますが、抽出乾燥粉末はgあたりのナットウキナーゼ活性が数百倍高くなると言われています。
勃起不全の克服の一助として食べるのならば、市販のパック納豆でも十分でしょう。あくまでも助けとなるというだけで、納豆だけ食べていれば勃起不全が解消されるわけではないからです。
とはいえ、血栓を溶かす作用があるナットウキナーゼは、動脈硬化予防にはとても良い食材です。今は大丈夫だけれども将来的に心配があるという人や、治療薬のほかに何か改善策を探している人は食べてみると良いでしょう。

勃起不全に効果の高い食べ物

勃起不全の改善に効果的な食べ物は、まず牡蠣です。牡蠣には亜鉛が多く含まれています。亜鉛は生体機能に深く関わっており、精子を作るなどの生殖機能やホルモンの合成に欠かせません。亜鉛が不足すると、性欲減退や勃起不全、うつなどになりやすいです。お酒を飲み過ぎると亜鉛は体外に排出されるので注意します。次にゴマです。勃起不全を改善するためには、血液が十分に行き届く必要があります。ゴマにはアルギニンが多く含まれており、一酸化窒素を生成して血管を拡張するので、血行が良くなります。また成長ホルモンの分泌を促して精液の80%を占めています。同じく一酸化窒素を放出する栄養素として、ぶどうやピーナッツの皮に含まれるポリフェノールがあります。そして、納豆やオクラなどネバネバした食べ物も勃起不全に効果的です。これらの食べ物にはムチンという成分が入っており、タンパク質を効率良く吸収する作用があります。疲労回復や体力強化、新陳代謝、細胞分裂の促進に効果があり、精力増強につながります。特に納豆は、ナットウキナーゼによって血行を良くする働きもあります。またビタミンBは精神的ストレスを緩和して、男性器の機能を向上させます。そして、ニンニクです。ニンニクに多く含まれるアリシンは、疲労回復や抗酸化、血行不良の改善に効果があります。臭気成分が強く、精力を付けて神経を刺激する興奮作用があります。さらに果物ではアボガドを食べると良いです。アボカドの実はビタミンEを多く含んでいます。成人男子が1日に必要とする摂取量は10mgですが、アボガドではたった1個半で摂取できます。ビタミンEは、脳内の血行を改善して活動を活発化させ、男性ホルモンの分泌を促し、生殖機能の改善や精力増強に役立ちます。

勃起不全と食生活の関係と影響

医療機関で勃起不全の検査を受けると、食生活の乱れを指摘されることが多いです。
食生活で大切なのは、色々な食品をバランスよく摂ることなのです。
身体によいという理由で、特定の食品ばかり摂る人がいますが、これは栄養バランスを崩すだけです。
野菜ばかり食べているとタンパク質が不足しますし、肉類がメインだと動物性脂肪の摂りすぎとなります。
動物性脂肪は血液をドロドロにするので、当然下半身の血流も悪くするのです。
ペニスの元気を決めるのは血流なのです。
血流がよければ硬く大きくなりますが、悪ければ硬さは不十分で大きくなりません。

生活習慣病の多くは、食生活の乱れが原因なのです。
がん、心臓病、脳卒中などの死に関わる病気も、肥満や動脈硬化、脂質異常症、糖尿病などの症状が引き金となっているケースは多いのです。
勃起不全も生活習慣病に属するものであり、特に食生活が乱れていると発症率が高まり、進行スピードも顕著となります。

ファーストフード、スナック菓子をよく食べる方は、勃起不全のリスクが高くなります。
食品の栄養価と価格はほぼ比例関係にあるものです。
安い食品がすべてダメではありませんが、高い食品と比べると栄養価は劣ってしまうものです。
油の品質にも差が出るため、健康への影響度も変わってきます。

勃起不全を解消するための食生活は、適正体重を維持することを意識して組み立てましょう。
すでに肥満体の方は、非常にEDを促進させやすい状態にあります。
肥満の方は体内に沢山の脂肪を蓄えているため、血中脂質も多いのが一般的です。
血液をキレイにするためには、標準体重を維持する必要があるのです。
肥満でも血液サラサラならさほど問題はありませんが、運動が大変になるデメリットは回避できません。
肥満予防・解消によい食事は、勃起不全を防止するためにもよいのです。

■ED治療にオススメの薬
シアリス 通販
■ED治療病院ナビ
ED治療の病院検索情報はこちら
■今売れているED治療薬情報
カマグラゴールド